2019年11月12日

【第98回】マルチで起こった本当の話2

こんばんわ、ブログ更新していきます。










































先日、野良マルチでプレイしてたら久しぶりに腹が立った。










































舞台は命竜アルバナムのギガ伝説級。

ホストは僕、ゲストは勇者剣装備した超級職2名、初心者or新規プレイヤーらしき上級職の方?の1名で出発した。

最初は順調でしたけど、ラスゲに入ると勇者剣装備した一人がスキル発動するのを止めてフレイムの「フレーフレー」のスタンプ連呼してきた。

もう一人の勇者剣装備した方と上級職の方と私で頑張って倒そうとしたけど、、、倒しきれんかった。

全滅した瞬間にスタンプ煽りしてた奴はホイミスライムの「おつかれー」のスタンプ。





























これは明らかに人をおちょくってるプレー。

最初は真面目なプレイヤーを装って、ラストの大事な場面でパーティーを故意的に全滅させようとする悪質な行為である。

時間、スタミナ、エネルギーの無駄だった。

モンストのマルチでもこの手の悪質プレーヤーはいる、、、。高難易度のクエストで大事なラスト一押しの場面で明らかなわざとおかしな行動をする人。

むかついた。イベント最終日にラプソーン200回討伐いけたけど、ムカついたついでに192回くらいで忘れて終わってしまっていた。




























こんな奴は勇者剣を装備した勇者なんかではない。








ダイの大冒険29巻にて自己中心的な北の勇者ことノヴァが、勇者ダイと時間を共有していく中で会心し、生まれた名言がある。


「…ボクは…あの時はじめて知った!!真の勇者とは自らよりもむしろ…!! みんなに『勇気』を沸き起こさせて くれるものなんだ と‼‼ ボクが生命尽きて倒れても!! ボクがつけたわずかな傷跡に後から攻めていけるだけの勇気を! この場のみんなに残してあげられれば!! ダイほどではなくてもボクも勇者の代わりができる!! 」





























あのスタンプ煽り勇者はみんなに『不快感』を沸き起こさせてくれた。





































































しかし、ラプソーン200回討伐行けなくて500ジェム逃がしたのが何より悔しい。































































最近は野良マルチでマナーが悪いプレイヤーが以前よりも増えた様な気がする。


僕もプレイ中に寝落ちして放置状態、って事もあるから人の事は言えないのだけれども、、、。


自分の寝落ち対策も含め、、、何か良い対策はないのであろうか?

















































































しかし、ラプソーン200回討伐行けなくて500ジェム逃がしたのが何より悔しい。






























































































そして僕はこの場を借りて運営さんに一言どうしても言っておきたい事がある


















































































































































































「ダイの大冒険」コラボ復刻はよー と。






posted by しゃち at 00:51| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする